HOME >> 海を渡るダンボール >> 引っ越しは、運送業者等に頼む

引っ越しは、運送業者等に頼む

引っ越しは、運送業者等に頼む

家族が多くなれば多くなるほど、引っ越しのダンボールの数は多くなります。

見まわしたら、ダンボールしか、視界に入っていない、と言う事にもなりかねません。

ダンボールが多くなると、引っ越しをする時は、運送業者等に頼む事になると思います。

運送業者にも種類があり、国土交通省により次のように定められています。

「一般貨物自動車運送事業」

世間一般でいうところの運送屋さんのことで、引越業者のほとんどがこの事業者となっています。

また引越専門業者でなくても業務の一部として引越しを扱うところもあります。

この事業者となるには最低5台の車両を保有することなどいくつか条件があり、個人での経営はありません。

この事業者の使用する車両には緑地に白のナンバープレートがついています。

「貨物軽自動車運送事業」

軽自動車を使用して比較的小さな荷物を運ぶ運送業者のことで、軽自動車1台で開業できるため、個人経営の事業者が多いのが特徴です。

「貨物利用運送事業」

貨物利用運送事業者は自己の運送手段を保有せず、荷主と実運送事業者を仲介する役割を果たします。

荷主と直接契約を結び、運送責任を負いますが、トラブルが発生した場合に貨物利用運送事業者と実運送事業者と荷主の三者でのやりとりが必要になるため時間がかかります。

上記いずれの運送事業者は荷主と運送契約を結ぶ際には、運送約款、引越しの場合には引越約款という国土交通省によって定められたもの、または届け出たものを荷主に提示しなければならなく、営業所などの窓口に掲示してある場合もあります。

引越しの場合にはたいてい見積もり書や契約書の裏面に表示されていると思います。

これらは荷物の破損、紛失、またキャンセルなどについての荷主と運送事業者の重要な取り決めについて記載されています。

本契約する際には必ず運送事業者に提示を求めるようにしてください。

また引越業者と間違われやすいものに便利屋というものがありますが、便利屋は運送業者ではないので引越しはできません。

自社のワンボックスなどで引越貨物を輸送し、料金を収受することは違法行為にあたります。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる