HOME >> 海を渡るダンボール >> 段ボールのデザインを比較する

段ボールのデザインを比較する

段ボールのデザインというと、あまり考えられていないと思われがちです。しかし、段ボールアートというと、デザインもいろいろあって個性があるものだと理解できます。段ボールアートで無表情なダンボール箱であっても、形を工夫する、表面の色をきれいにすることで、立派に個性が出せます。海外では古い段ボールをイメージさせるホームページがたくさんあります。日本ではきれいな段ボールが良いと思われがちですが、海外では古い段ボールのちぎれたような感じがかえって趣があるようにとらえられる素地があるのでしょうか。逆に日本ではカラフルな見た目のきれいな段ボールが多いような気がします。
海外の段ボールケースはカッコイイと表現する人もいます。デザインだけでなく、材質も日本とはずいぶん違っているので、手触り感も違います。海外の段ボールはシンプルな印刷で、すっきりした印象を持ちます。いずれもがそのようなわけではないのですが、高級なオーディオを購入したときなどは、段ボールの外箱が充実していた方がなんだか嬉しくなります。
段ボールのデザインは荷の傷みを防ぐという機能的な面からも考えられなければいけません。ある国の通販では、使い古しの段ボールを使っており、とても海外の荷物を扱うというものではありませんでした。きれいで洗練されたデザインというのは、荷物を大事にするという心の表れでもあるのです。段ボールをデザインにも注意して見比べてみてはいかがでしょう。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる