HOME >> 海を渡るダンボール >> 海外引っ越し用の段ボール

海外引っ越し用の段ボール

最近の企業の海外進出に伴い、長期の海外出張や海外へ赴任する機会も増えてきました。今までは海外とは無縁だった会社でも、海外への赴任がいつあってもおかしくない時代になったのです。海外への引っ越しが必要になった場合、国内での引っ越しとは違い、注意しなくてはならない部分があります。いくつかポイントを紹介しておきましょう。
海外引越し用のダンボールは、長い船旅でも荷痛みがないように強度のあるダンボールを使います。ちょっと値段の張る専用の段ボールを購入するまでいかないでも、ホームセンターで売っている購入された箱を使用します。スーパーなどで手に入れた箱で、外側に色々と印刷されているものは、強度が劣るだけでなく、海外で誤解を招く場合があります。また果物や野菜が入っていた箱は検疫上で問題になることも考えられます。従って、無地の新しい段ボールを使う事が重要になってくるわけです。可能な限り、同じ形大きさの物を使用するほうが、積み重ねやすく、コストも安くなります。
海外引越しで食器等の壊れ物を送りたい場合は、箱に詰める際に十分にダンボールの緩衝材をつめて梱包することが重要です。特に上下、側面、底には十分に緩衝材を使いましょう。さらに、食器を詰めたダンボールを一回り大きい箱に詰め、二重梱包にすると、衝撃に対してかなり強くなり、長旅でも大丈夫です。全ての箱をひとつにまとめて木枠などで梱包すると、全体の体積が著しく増加してしまうので高くついてしまうので、壊れ物だけ二重梱包にして、体積の増加を最小限にしておきましょう。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる