HOME >> 海を渡るダンボール >> 海を渡る荷造りのコツと注意

海を渡る荷造りのコツと注意

海を渡るダンボールに荷物を入れる時に一番重要なことは、隙間を作らないということです。

衣類や寝具をダンボールにつめるという場合でも、海外に送る場合には神経を使うべきです。

例えば、海外に輸送中に、何かにぶつかってダンボールが変形して隙間が出来たという場合、中味にも隙間があれば、衣類などが汚れてしまうことがあります。

現在リサイクルで作られているダンボールは、強度も十分にありますから、そう簡単には壊れないと思いますが、海を渡っていく最中に、ショックがないとも限りません。

もし何かがあったら?と言う事を考えて、ダンボールにつめるようにしましょう。

ダンボールの外側には、荷物の種別を油性のマーカーで書いておきましょう。

割れ物には、割れ物専用のシールなどがありますから、そういったものを張っておくと、海外の方でも割れ物が入っているダンボールだということが理解できます。

ダンボールには、出来るだけパッキング材やクッション材を利用して荷物を守る工夫をしておきましょう。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる