HOME >> 海を渡るダンボール >> 荷造りの順序

荷造りの順序

国内への引越しは、それ程荷物に気を使って梱包することはありませんが、海を渡る荷物です!

荷造りを行うにしても、細心の注意を払って行うようにしましょう。

荷物の分類の仕方は、衣類、食料品、台所、電気、本、寝具、さらに食器など、大まかに分類してから、しっかり梱包が必要なものをさらに区分けしていくといいと思います。

割れ物も、梱包しなければなりません。

割れ物を梱包する際には、新聞紙などにくるみ、出来ればスポンジなどを間に入れてショックがあっても大丈夫なように荷造りするのが望ましいです。

スポンジなどがない場合には、要らない衣類やタオルなどを間に挟むことで、壊れ物を守ることができます。

ダンボールにつめる時には、入れる時に順番を考えておくと後が楽になります。

リビングで利用するもの、台所で利用するもの、学習に必要なもの・・と言った感じで、分けてダンボールに入れておくことが後で楽になるコツです。

急いでいると、なんでも詰め込んでしまいがちですが、急いでいるからこそ、落ち着いて梱包しましょう。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる