HOME >> 海を渡るダンボール >> 輸出ということ

輸出ということ

荷物を海外に送る、海を渡る必要がある荷物は、どうしても強度の面で、ダンボールでは無理だ、といわれてきました。

輸出する時には長い距離を輸送することになりますから、荷物を守る為にも、強度が何より大事だったのですね。

しかし今では、木製の梱包材に負けないダンボールが登場しているのです。

ダンボールは木製の梱包材に比べて非常にコストダウンできますので、多くの業者が利用するようになりました。

これまで、木製やスチール製などの梱包材で輸送されていた荷物も、強度の高いダンボールにすることでコストダウンができ、形状に応じた梱包材を簡単に作ることにも成功しています。

強度のあるダンボールの梱包材にした事は、作業効率を上げることにも繋がりました。

ダンボールは木の梱包材やその他の梱包材よりもはるかに軽量なのです。

ですから、作業効率が格段に上がったのですね。

コスト削減、作業効率の向上、ダンボールは海を渡る荷物の請け負う業者にも恩恵を与えたのです。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる