HOME >> 海を渡るダンボール >> 古紙を利用して作るダンボール

古紙を利用して作るダンボール

私たちが利用したダンボールは、自治体の廃品回収などで回収され、古紙回収業者に渡り選別、それがダンボール産業の企業におくられ、そこから海外や国内へリサイクル資材として送られます。

そこからダンボールになったり、他のものに生まれ変わったりするわけです。

ダンボールになる資材は、もともとダンボールだったというわけではなく、古紙もダンボールの資材となります。

新聞、雑誌なども、ダンボールにリサイクルされるのです。

古紙だけの回収物なら油圧プレスし、梱包しやすい形になってからリサイクルに回されます。

古紙から作られるダンボールは、なんと90%と言う高い率になっているのです。

ダンボールとなって海を渡り、海外の製品を入れたダンボールが、また私達消費者の元に届く。

こういったリサイクルが行われているのですね。

古紙を利用して作るダンボールは、国内、海外で、リサイクルマークをつけられて、さらに利用されていくのです。

古紙はゴミではなく、リサイクル資源なんだという思いをしっかり持っていたいものです。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる