HOME >> 海を渡るダンボール >> 海外でダンボールは

海外でダンボールは

海外では、食べ物を包む紙も、ケースも、使い捨てと言うことが多く、日本はその海外をまねして、商品を販売してきました。

プラスチックの食品トレーも、紙コップも、海外から教えてもらったものです。

でもこれらの紙を作るためには、多くの木を伐採しなければなりません。

伐採を行うということは、その森に住む動物たちの生態系なども壊すことになります。

今も海外では、多くの森の木を伐採し、森林破壊が続いています。

先進国では、エコを意識し、ダンボールなどのリサイクル資源を選別して資源の確保を行っていますが、発展途上国ではそうもいきません。

ダンボールなどのリサイクル資源を大切にするというよりも先に、食べること、命を守ること、お金を稼ぐことが第一になります。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる