HOME >> 海を渡るダンボール >> ダンボールが海を渡るとは?

ダンボールが海を渡るとは?

ダンボールはリサイクルが出来るエコなものです。

ダンボールを使用する企業や消費者も、エコを考えてダンボールを使用し、作り、再生資源だという心得が浸透しつつあります。

ダンボールを使うということだけではなく、リサイクルできる素材として海外にも輸出されています。

梱包や包装と言う形で使用されたダンボールは、リサイクルによって新しい素材となり、新たな命を吹き込まれ、再使用されていきます。

日本で作られたダンボールは、使用された後、回収業者によって回収され、ダンボール産業の企業によってまた新たな利用の場へリサイクルされていきます。

日本では、海外よりもこうしたリサイクルに関する考え方が浸透していませんでしたが、最近は、ゴミを仕分け、リサイクルできるものをリサイクルするという考えが、次第に浸透しつつあります。

リサイクルされるダンボールは、国内のみならず、海外へ渡り、様々なものに利用されています。

海を渡るダンボールは、世界各地でその力を発揮しているのです。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる