HOME >> 海を渡るダンボール >> 荷物は確実に配達

荷物は確実に配達

荷物は確実に配達

あなたから預かった荷物は確実に配達してくれます。

しかし、近年、不況のあおりを受け、物の全体の流通量が減少しています。

その結果、それらを運ぶ際に使われるダンボール生産ペースも落ちています。

2008年度のダンボール市場(ダンボールシート生産高ベース)は、前年度比55,1%減の132億1,100万㎡(経済産業省「生産動態統計」より引用)でした。

2010年度は景気が底入れし、消費財等の流通量の増加も期待できることから、ダンボール市場規模は120億55,700万㎡と予測されています。

あなたは、考えた事が無いと思いますが、ダンボールにも、少子高齢化などの影響が出ています。

それは、消費財等(食料品等)の流通量の減少が見込まれることから、国内市場におけるダンボール需要は今後、将来的な減少は避けられないと考えられています。

ダンボールメーカーは製造事業者向けにはダンボール以外の包装資材も取り込んだトータルパッケージの提案。

そして、小売業向けには広告掲載やディスプレイツールとして販促資材となりうるダンボールの提案・開発も必要となってくるだろうと予想されています。

ダンボール市場は、ダンボール原紙メーカーの集約に加え、ダンボール製品分野でも大手企業グループによる一貫メーカー体制が確立したことで、業界構造の安定化が図られたもようです。

これにより、今までのような過度な価格競争は減少し、原紙メーカー、シートメーカーともに収益を確保できる体制になった事が大きいとみている模様です。

一方、現状の設備過剰に加えて、今後、ダンボール需要が右肩上がりに拡大することは難しいと見られることから、大手企業グループを中心とした系列化の進行や、グループ同士の提携、連携等も進んでいくものと考える。

また、プラスチックコンテナー等、ダンボールに代わる素材の広がりも今後のダンボール需要を益々悪くさせる要因にもなっている。

ダンボール自体は無くなる事はあり得ませんが、使い方や生産の仕方がだいぶ変わって来るのではないかと思います。


海を渡るダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを送る方法には、トラックで陸を走る、飛行機で空を飛ぶ、船で海をわたる